不動産再生&不動産活用を知る

「不動産再生&有効活用」とは?

原状のままでは収益を生まない遊休不動産、低稼働の不動産、不良債権の担保不動産の周辺・状況等を徹底的に調査し、地域・時代のニーズにあった優良不動産として再生することにより、性能を向上させ、価値を高め「不動産の有効利用」を図ります。

不動産再生&有効活用の流れ

1.ご相談ください

対象物件の資料をお預かりし、ご相談の目的や背景を深くお聞きしながら、一緒に現状を整理いたします。

2.現地確認・物件調査

対象物件の現地を確認・調査致します。物件要因・外的要因の2点に関して、管轄行政やテナント情報などを調査致します。全資産の相続税額や納税方法の事前検証が必要となる場合があります。

3.企画・立案

協力会社と連携しながら、その対象物件にあった有効活用プランを企画・立案します。

4.方針・プラン決定

有効活用プラン実施・却下を決定頂きます。実施の際はコーディネーターとしてオープンまで関与致します。

5.業者選定

業者をサクラRプロパティ協力会社以外に選定する場合は、合見積りにて業者を決定致します。

6.報酬の進行管理

有効活用プランによっては、新事業立ち上げまでの進行管理を行います。

7.事業開始

当該地に新たな事業体がオープンした時点で、サクラRプロパティの業務も終了致します。

このページの一番上へ
Fudousan Plugin Ver.1.5.6